インナーケアでシミ対策

サプリ

2つの成分に要注目

老けて見られるシミは30代以降の女性を悩ませてしまいます。美白化粧品で一生懸命ケアしてもなかなか薄くなってくれませんから、インナーケアとしてサプリも一緒に取りましょう。美白サプリも今はいろんな種類がありますから、しっかりとメラニンを減らしてくれる成分が入ったものを選ぶのが大切です。注目したい成分は主に2つで、定番のビタミンCとL-システインです。ビタミンCは美白の代表でもあり、メラニンの生成を抑えてくれてシミをしっかり予防してくれます。コラーゲンを作りやすくしたり抗酸化作用がありますから、シミが気になる世代にはありがたいサポート効果を持っています。L-システインもメラニンを抑制してくれて、シミを予防したり薄くするのに役立ってくれます。ターンオーバーを活性化する作用がありますから、肌からシミを追い出しやすくなります。年齢と共にターンオーバーが遅くなってくると、メラニンを含む角質が肌に留まりやすくなります。ターンオーバーを高めることでシミをしっかり排出できて、健やかな肌を保ちやすくなります。メインとなる2つの美白成分の配合量が多くて、無添加のサプリを選びましょう。肌の乾燥が気になっているなら、一緒にセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が含まれたものがおすすめです。化粧品が届かないほど肌の奥の方のメラニンにも、サプリならしっかり成分を届けることができます。メラニンの活動を抑えられますからシミやそばかす、くすみを減らすことができて、透明肌を目指せます。